コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロック建造法 ブロックけんぞうほう

1件 の用語解説(ブロック建造法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ブロック建造法【ブロックけんぞうほう】

船殻(せんこく)の建造に際し,船体を適宜の大きさに区分したブロックを工場内または地上で造り,それを船台上に運んで組み立てる造船法。船台作業期間が短縮され,造船能率が著しく向上するので,今日の大型船建造はすべてこの方法による。
→関連項目造船

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のブロック建造法の言及

【艤装】より

…船の建造工事は船殻を造るための船殻工事と艤装のための艤装工事に分けられる。おおまかには船の進水までが船殻工事で,それ以降が艤装工事であるが,現在では船殻は数ブロックに分けてそれを接合していく方法(ブロック建造法)で造られ,艤装工事の中にも進水以前のブロック建造時から並行して行われるものも多い。艤装のための個々の装置は艤装品と呼ばれ,その大半は造船所以外で造られる。…

【造船】より

…完成したブロックを初めて搭載する作業を起工といい,このときふつう起工式が行われる。 このように,船体を適当な大きさのいくつかのブロックに区分し,各ブロックをつくってからこれを順次積み上げて船体をつくっていく方法をブロック建造法といい,現在の大型船はすべてこの方法で建造されている。ブロック建造法が可能となったのは溶接技術の進歩に負うところが大であり,従来の,船台において部材をリベットで接合していく方法に比べ,地上での作業の割合が多いため,作業の安全性や品質,工作精度,工期の短縮などに利点が多い。…

※「ブロック建造法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone