コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロンテ姉妹の家 ブロンテしまいのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブロンテしまいのいえ【ブロンテ姉妹の家】

イギリスのイングランド北部のヨーク(York)近郊にある、同国の小説家シャーロット・ブロンテ(Charlotte Brontë、1816~1855年)、エミリー・ブロンテ(Emily Jane Brontë、1818~1848年)、アン・ブロンテ(Anne Brontë、1820~1849年)の三姉妹が住んだ家。シャーロットは『ジェーン・エア』、エミリーは『嵐が丘』、アンは『アグネス・グレイ』が有名である。現在、この家は三姉妹が使った家具や所持品などを展示する博物館になっている。国鉄キースリー(Keighley)駅からバスで訪れることができる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android