コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラノゾル planosol

岩石学辞典の解説

プラノゾル

溶脱したA層位で,下部のB層位の粘土含有量が高く,粘土盤層(claypan)を作る特徴のある間帯性土壌(intrazonal soils).プラノゾルはポドゾルやチェルノゼムと類似した気候範囲で,地表が平らか窪んで排水不良の所に形成される[U. S. Dept. Agriculture : 1938, Ollier : 1969].プラノゾルは固結化,緻密化または高い粘土含有量をもつ層位が明らかに断面内に確認される間帯性の大土壌群の一種[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android