コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プル型マーケティング プルがたマーケティングpull marketing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プル型マーケティング
プルがたマーケティング
pull marketing

メーカーが直接消費者に対してアプローチを行ない,消費者から需要喚起を促して指名買いを促進させるマーケティング・スタイル。メーカーが行なう大量広告や製品のブランド付与などのプリ・セリングがカギとなる。このプリ・セリングによって消費者が店頭で指名購買をすることを目的としている。プル型マーケティングにおける流通業者の役割は,すでにメーカーによって育てられた消費者のブランド選好に合わせて品ぞろえを行なうということであって,メーカーにとっては,そのかぎりで流通業者を選択的に選ぶ必要は少なく,できるかぎり多数の流通業者に取り扱ってもらうことが政策的に重要になる。プッシュ型マーケティングとは対照的に,市場が成長期に入ったときに有力なやり方になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android