コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレカリクレイン

1件 の用語解説(プレカリクレインの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

プレカリクレイン

 血液凝固系の一構成因子で,高分子キニノーゲンがこの分子に作用するとカリクレインが生成し,それが第XII因子を第XIIa因子に変換して活性化するはたらきをする.XIIa因子は,またプレカリクレインをカリクレインに変換する活性がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプレカリクレインの言及

【血液凝固】より

…止血あるいは血栓形成の場合は,内因系,外因系の両者の血液凝固機序がともに関与していると考えられている。 内因系の血液凝固は,XII因子,XI因子,プレカリクレインが固相に吸着されて,固相上で活性化されることによって開始される。血液凝固の作用が開始されると,ひきつづいて各因子による連鎖反応が起こり,形成された複合体にII因子(プロトロンビン)が結合して活性化され,活性化II因子(トロンビン)がフィブリノーゲンに働きフィブリンに転換する。…

※「プレカリクレイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プレカリクレインの関連キーワード血液凝固血液凝固因子凝固因子キニノーゲン凝血時間血液凝固阻害剤血液凝固促進剤坑凝固薬止血因子ハーゲマン因子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone