コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロダクトプレイスメント ぷろだくとぷれいすめんと product placement

1件 の用語解説(プロダクトプレイスメントの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

プロダクトプレイスメント

映画作品、テレビ番組、テレビゲームなどの中で、企業の製品を使用したり、その製品や企業ロゴを映し出したりすることによって、消費者に広告という意識を持たせることなく、その製品の宣伝効果を狙う手法。テレビの場合、CM時のチャンネルスイッチや、テレビ録画機のCMスキップ機能の発達などにより、広告効果の低下が懸念される中で、プロダクトプレイスメントが脚光を浴びるようになった。古くは、スピルバーグ監督の映画『E.T.』(1982年公開)の中でE.T.リース社のお菓子を食べる場面などで使われた。テレビドラマスポンサーになった自動車メーカーの新型車が、ドラマの中でさりげなく登場したりするなど、様々な場面でこの手法が用いられている。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロダクトプレイスメントの関連キーワードファミコンコンピューターゲームテレビウオーゲームゲーマーゲームデザイン双方向テレビテレソンTVゲームペイ番組

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プロダクトプレイスメントの関連情報