コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロトペクチナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

プロトペクチナーゼ

 不溶性ペクチン可溶性のペクチンにする反応を触媒する酵素.植物の組織中に存在.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のプロトペクチナーゼの言及

【ペクチン】より

…未熟成果実中ではプロトペクチン,ペクチン酸塩など不溶性成分が多いが,成熟するにつれてしだいに水溶性ペクチンに変化する。ペクチン質に作用する酵素としては,プロトペクチンからのペクチン生成を触媒するプロトペクチナーゼが知られ,ペクチンエステラーゼはペクターゼとも呼ばれ,ペクチンを加水分解してペクチン酸を生成する反応を触媒する。また,ペクチンポリガラクツロナーゼは,ペクチナーゼとも呼ばれ,通常はペクチン酸の加水分解に作用し,ペクチニン酸を分解するものはポリガラクツロナーゼと呼ばれる。…

※「プロトペクチナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報