コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーサ プーサPūsa

1件 の用語解説(プーサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーサ
Pūsa

インド北東部,ビハール州北部の町。パトナの北東約 64kmに位置。イギリス統治時代は農業研究の中心地で,1796年にウマの種畜場が開設されたのをはじめ,1936年に農業研究所が開かれ,58年に農業大学となった。ショ糖研究所,家畜農場,タバコ研究所などがある。人口 12万 2086 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プーサの関連情報