コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーサ Pūsa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーサ
Pūsa

インド北東部,ビハール州北部の町。パトナの北東約 64kmに位置。イギリス統治時代は農業研究の中心地で,1796年にウマの種畜場が開設されたのをはじめ,1936年に農業研究所が開かれ,58年に農業大学となった。ショ糖研究所,家畜農場,タバコ研究所などがある。人口 12万 2086 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プーサの関連キーワードペイサージュ・エロイックオスカー ラインハルトスリマハマリアマン寺院プーシキン国立美術館プティ・パレ美術館カスティリオーネ新古典主義美術シャンティイ城カラバジェスキシャンパーニュ古典主義美術コンデ美術館リール美術館バロック美術デュフレノアホイスマンス伊藤 雄之助ル・ブラン伊藤雄之助デュケノア

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android