コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベストエフォート べすとえふぉーと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ベストエフォート

ネットワークの通信形態のひとつで、回線通信速度を保証せず、回線の混雑状況を反映させた通信速度でサービスを提供するもの。通信するノードが多くなったり、トラフィックが増大すると回線状態が悪くなるが、その分導入コストを安価にできるためOCNではベストエフォートを採用して通信料金を安くしている。ベストエフォートを採用したパケット通信サービスに、ウィルコムのα-DATA64があり、基地局の無線チャネルに空きがあれば64kbps、空きがなければ32kbpsに自動的に切り替えてデータ通信を行う。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ベストエフォート

ADSL接続サービスなどで、通信速度が一定でなく、電話局からの距離やケーブルの品質などによって速度が落ちることがある状態のことです。日本語に直訳すると「最大の努力」という意味です。「努力はするけれど、保証はできない」といっているのです。
⇨ADSL

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ベストエフォートの関連キーワードベストエフォート型通信ギャランティー型64kデータ通信ギャランティ型αデータ64

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android