コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限り カギリ

デジタル大辞泉の解説

かぎり【限り】

時間・空間・数量・程度などの境や限界。また、終わり。最後。「限りある命を生きる」「学問の世界に限りはない」「今を限りと鳴きしきる蝉(せみ)」
(活用語の連体形や名詞に直接、または名詞に「の」の付いた形に付く。副詞的にも用いる)ある範囲・制限の内にあることを表す。
㋐その範囲の内。あいだ。「私の聞いた限りでは、そうではなかった」「命ある限り忠誠を尽くします」
㋑その制限の内。「本日限りの大安売り」「チャンスは一回限りだ」「緊急の場合はこの限りではない」
㋒その範囲内すべて。全部。「見渡す限りの大平原」
㋓そのことの限度いっぱい。限界まで。「力の限り戦う」「心強い限りである」「乱暴の限りを働く」
(接続助詞的に用いて)…するあいだは。…である以上は。…するからには。「君がここにいる限り僕も付き合う」「正直に言わない限り帰さない」
命が絶える時。臨終。
「国に行き着きければ、―なる様になりにけり」〈今昔・三一・二八〉
葬式。野辺送り。
「―の有様さへはかなげにて、煙も多くむすぼほれ給はずなりぬるも」〈・総角〉
特定の場合・物事を限定していう。だけ。
「牛の―引き出でて往(い)ぬる」〈・二五〉
さだめ。きまり。規則。
「祭りのほど、―ある公事に添ふこと多く」〈・葵〉
[下接語]有らん限り有る限り命限り命の限りお見限り根(こん)限り身代限り其(そ)の場限り・骨限り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぎり【限り】

一定の範囲の限界となるぎりぎりの点。
数量・程度の限界。 「数には-がある」 「人間の欲望には-がない」
空間的・時間的限界。はて。最後。 「 -もなく広がる海原」 「今日を-と戦う」
物事の行きつく上限。最上。きわみ。 「光栄の-」 「うれしい-だ」
一定の範囲・限界のうち。
その範囲のうち。だけ。 「できる-のことはした」 「私の知る-ではない」 「緊急の場合はこの-ではない」
あるだけ全部。 「声を-に叫ぶ」 「力の-戦う」 「見渡す-の原野」
(修飾の語句を伴って)
その内容を限定する。 「考えを改めない-許さない」
その範囲を限定・制限する。 「今日-絶交する」 「この場-の話」
一生の終わり。臨終。 「 -とて別るる道のかなしきにいかまほしきは命なりけり/源氏 桐壺
葬送。とむらい。 「 -の有様さへはかなげにて/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

限りの関連キーワード人事を尽くして天命を待つベストエフォート声を張り上げる星を数うる如しピッチを去る体を粉にする見渡す限り沙汰の限り脳漿を絞る不問に付す声を限りに足を限りに三番太鼓一夜切り声の限り力の限り限り限り四無量心満目蕭条億万劫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

限りの関連情報