限り(読み)カギリ

デジタル大辞泉の解説

時間・空間・数量・程度などの境や限界。また、終わり。最後。「限りある命を生きる」「学問の世界に限りはない」「今を限りと鳴きしきる蝉(せみ)」
(活用語の連体形や名詞に直接、または名詞に「の」の付いた形に付く。副詞的にも用いる)ある範囲・制限の内にあることを表す。
㋐その範囲の内。あいだ。「私の聞いた限りでは、そうではなかった」「命ある限り忠誠を尽くします」
㋑その制限の内。「本日限りの大安売り」「チャンスは一回限りだ」「緊急の場合はこの限りではない」
㋒その範囲内すべて。全部。「見渡す限りの大平原」
㋓そのことの限度いっぱい。限界まで。「力の限り戦う」「心強い限りである」「乱暴の限りを働く」
(接続助詞的に用いて)…するあいだは。…である以上は。…するからには。「君がここにいる限り僕も付き合う」「正直に言わない限り帰さない」
命が絶える時。臨終。
「国に行き着きければ、―なる様になりにけり」〈今昔・三一・二八〉
葬式。野辺送り。
「―の有様さへはかなげにて、煙も多くむすぼほれ給はずなりぬるも」〈・総角〉
特定の場合・物事を限定していう。だけ。
「牛の―引き出でて往(い)ぬる」〈・二五〉
さだめ。きまり。規則。
「祭りのほど、―ある公事に添ふこと多く」〈・葵〉
[下接語]有らん限り有る限り命限り命の限りお見限り根(こん)限り身代限り其(そ)の場限り骨限

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android