コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルンシュタインの定理 Bernstein's theorem

法則の辞典の解説

ベルンシュタインの定理【Bernstein's theorem】

二つの集合 AB があるとき,A から B への単射と,B から A への単射が存在すれば,AB との間に全単射が存在する.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のベルンシュタインの定理の言及

【集合】より

…数学で記述を整理し明確化するために,19世紀後半に導入された概念。素朴には,〈思考の対象として明確な意味をもつもので指定した範囲内にあるものを集めたものを集合といい,その集められたものをその集合の元または要素という〉といえばよいが,多少の補足が必要である。 まず,われわれは物を区別したり,まとめたり,ときに応じて適宜処理している。例えば分数1/2と小数0.5とは,数としては同じであるが表記としては別であるから,1/2と0.5とを同じと考えるときと別と考えるときとがある。…

※「ベルンシュタインの定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベルンシュタインの定理の関連キーワードバーンスタインの定理二つB

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android