コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレンガーリョ1世 ベレンガーリョいっせいBerengario I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレンガーリョ1世
ベレンガーリョいっせい
Berengario I

[生]?
[没]924.4.7.
カロリング朝時代のイタリア王 (在位 888~889,898~924) ,西ローマ皇帝 (在位 915~924) 。フリューリ侯。ルートウィヒ1世 (敬虔王) の孫。 888年カルル3世 (肥満王) の死でイタリアにおける男系カロリング朝が絶え,女系諸侯によるイタリア王位争奪戦が始った。同年フリューリ侯だったベレンガーリョ1世が最初に王に推戴された。しかしスポレト侯グイードやプロバンス王ルドビーコの挑戦を受け,王国全体を支配することができなかった。長い抗争ののち勝利を収め,915年皇帝位を獲得。 923年新たにブルグンド王ルドルフ2世の挑戦に見舞われて,敗北し,翌年暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ベレンガーリョ1世の関連キーワードイタリア王国[中世]ベレンガーリョ2世ヨハネス10世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android