コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーリョ Andrés Bello

2件 の用語解説(ベーリョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベーリョ【Andrés Bello】

1781‐1865
ベネズエラの法律家,教育者。南アメリカの知識層の父といわれる。カラカスに生まれ,1810年シモンボリーバルの使節としてロンドンに渡り,19年間滞在して,任務のかたわら言語学,文学の研究をつづけた。29年チリに招かれ,43年サンチアゴ大学を創設し,没年まで学長を務めた。55年〈チリ民法典〉を編纂し,ひろく南アメリカ諸国に影響を与えたほか,《カスティリャ語文法》(1847)は,今日なおその価値を失っていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ベーリョの関連キーワード藩学一覧中村仲蔵鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベーリョの関連情報