コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーリョ Andrés Bello

2件 の用語解説(ベーリョの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ベーリョ【Andrés Bello】

1781‐1865
ベネズエラの法律家,教育者。南アメリカの知識層の父といわれる。カラカスに生まれ,1810年シモンボリーバルの使節としてロンドンに渡り,19年間滞在して,任務のかたわら言語学,文学の研究をつづけた。29年チリに招かれ,43年サンチアゴ大学を創設し,没年まで学長を務めた。55年〈チリ民法典〉を編纂し,ひろく南アメリカ諸国に影響を与えたほか,《カスティリャ語文法》(1847)は,今日なおその価値を失っていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベーリョの関連キーワードマラカイボリャノスローエイシア南米大パイプライン計画ベネズエラ憲法改正案法律家委内瑞拉モコ・デ・ヘイロベネズエラのテレビ局カラカスの大学都市

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベーリョの関連情報