使節(読み)シセツ

デジタル大辞泉の解説

し‐せつ【使節】

《古く、中国で、他国に行く使者が符節割符)を持参したところから》国家や君主の命令を受け、他国に派遣される人。「使節団」「文化使節

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しせつ【使節】

〔もと中国で、外国へ行く使者が符節を所持したことからいう〕
国家や政府の代表として外国に派遣される人。 「親善-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐せつ【使節】

〘名〙 (昔、中国で他国に使者として行く人は符節(割符)を賜わり、これを持参したところからいう) 国家、または君主の命を受けて、その代表として諸方に使する人。使臣。
※中右記‐保安元年(1120)一二月一九日「御馬使左近府生下毛野敦利候院人、二ケ度勤使節也」
※太平記(14C後)一〇「剰(あまつさへ)藩屏の中にして、使節(シセツ)を誅戮(ちうりく)する条、罪科軽にあらず」 〔周礼‐地官・掌節〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

使節の関連情報