ペペリン玄武岩(読み)ペペリンげんぶがん(英語表記)peperin-basalt

岩石学辞典の解説

ペペリン玄武岩

リューサイト玄武岩凝灰岩で,オージャイトと角閃石の大きな結晶を含み,泥熔岩流を形成するもの[Borvicky : 1874].ラピス・アルバナス(lapis albanus),ラピス・ガビナス(lapis gabinus)[Preller : 1923].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android