ペペリン玄武岩(読み)ペペリンげんぶがん(英語表記)peperin-basalt

岩石学辞典の解説

ペペリン玄武岩

リューサイト玄武岩凝灰岩で,オージャイトと角閃石の大きな結晶を含み,泥熔岩流を形成するもの[Borvicky : 1874].ラピス・アルバナス(lapis albanus),ラピス・ガビナス(lapis gabinus)[Preller : 1923].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android