コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホリパーゼC

1件 の用語解説(ホスホリパーゼCの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ホスホリパーゼC

 グリセロールのC1の酸素とホスホジエステル結合しているリン酸の間の結合を加水分解する反応を触媒する酵素の総称.いくつかの酵素があり,特に信号伝達系の重要な酵素として近年注目されているのは,[EC3.1.4.10]と[EC3.1.4.11]の酵素.前者は,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトールに作用してD-myo-イノシトール 1,2-サイクリックリン酸とジアシルグリセロールを生成し,後者は,1-ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸ホスホジエステラーゼともよばれ,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトール 4,5-ビスリン酸に作用してD-myo-イノシトール 1,4,5-トリスリン酸とジアシルグリセロールを生成する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone