コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホリパーゼC

栄養・生化学辞典の解説

ホスホリパーゼC

 グリセロールのC1の酸素とホスホジエステル結合しているリン酸の間の結合を加水分解する反応を触媒する酵素の総称.いくつかの酵素があり,特に信号伝達系の重要な酵素として近年注目されているのは,[EC3.1.4.10]と[EC3.1.4.11]の酵素.前者は,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトールに作用してD-myo-イノシトール 1,2-サイクリックリン酸とジアシルグリセロールを生成し,後者は,1-ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸ホスホジエステラーゼともよばれ,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトール 4,5-ビスリン酸に作用してD-myo-イノシトール 1,4,5-トリスリン酸とジアシルグリセロールを生成する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

ホスホリパーゼCの関連キーワードホスファチジルイノシトールアドレナリンレセプター細胞内情報伝達機構フォスフォリパーゼ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android