コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホリパーゼC

1件 の用語解説(ホスホリパーゼCの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ホスホリパーゼC

 グリセロールのC1の酸素とホスホジエステル結合しているリン酸の間の結合を加水分解する反応を触媒する酵素の総称.いくつかの酵素があり,特に信号伝達系の重要な酵素として近年注目されているのは,[EC3.1.4.10]と[EC3.1.4.11]の酵素.前者は,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトールに作用してD-myo-イノシトール 1,2-サイクリックリン酸とジアシルグリセロールを生成し,後者は,1-ホスファチジルイノシトール-4,5-ビスリン酸ホスホジエステラーゼともよばれ,1-ホスファチジル-D-myo-イノシトール 4,5-ビスリン酸に作用してD-myo-イノシトール 1,4,5-トリスリン酸とジアシルグリセロールを生成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスホリパーゼCの関連キーワードグリセリドグリセロールホスホリパーゼアシルグリセロールグリセロールキナーゼグリセロールリン酸cAMPホスホジエステラーゼセラミドホスホグリセロールホスホジエステラーゼモノステアリン酸グリセロール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone