ホソバナミノハナ

海藻海草標本図鑑の解説

ホソバナミノハナ

からだは扁平線状。分枝は密に規則正しい互生で羽状に広がる。小枝も互生に出て,小形のものは三角形の鋸歯状となる事もある。枝の先端部分は一方の面に向かって小さく湾曲する。生体はナミノハナと 同様に松ヤニのようなツンとする独特の刺激臭がある。細胞層を見ると髄層の真ん中に中軸細胞が認められ,その周りをとりかこむように無色の大きな細胞が囲 む。皮層には小さな細胞が並び,皮層の間にやや大きな黄色がかった細胞がある。手触りは平滑で質感がある。生体は明紅色〜紅色。押し葉標本は台紙によく付 く。似ているものとしてユカリがあるが,ユカリが枝を縁辺に2つずつ出すのに対し,ホソバナミノハナは1本ずつ互生に出す。また,ホソバナミノハナには特有の刺激臭があるので容易に識別できる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホソバナミノハナ
ほそばなみのはな
[学]Chondrococcus hornemanii Okam.

紅藻植物、ナミノハナ科の海藻。赤紅色を呈し、軟骨質の体枝は不規則、密に分岐し、やや半球形となる。体高5~15センチメートル。外海浅所に生える多年生海藻で、分布は日本各地と広い。ホソバナミノハナによく似た海藻にユカリPlocamium telfairiaeがあるが、ホソバナミノハナには線香様のほのかな匂(にお)いがあることと、末端枝が叉(さ)状分岐することから区別できる。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android