コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅藻植物 コウソウショクブツ

3件 の用語解説(紅藻植物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐しょくぶつ〔コウサウ‐〕【紅藻植物】

藻類の一群。葉緑素クロロフィル)のほか、紅藻素(フィコエリトリン)・藍藻素(フィコシアニン)をもち、紅色や紫色を呈する。体はひも状や葉状。大部分が海産で、アサクサノリテングサオゴノリイギスなどがある。淡水産にはカワモズクがある。紅藻類。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうそうしょくぶつ【紅藻植物】

植物界の一門。暖海に多く、岩に固着している藻類。葉緑素・紅藻素をもち、紅色・紫色を呈す。アサクサノリ・テングサ・オゴノリ・ツノマタなど。紅藻類。紅藻。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅藻植物
こうそうしょくぶつ
red algae
[学]Rhodophyta

植物分類学上の1門として扱われる藻類(紅藻類)。世界で約4000種、日本には約1000種の海産種と約20種の淡水産種が生育する。紅藻植物は、光合成色素としてクロロフィルaのほか、r-フィコシアニンとr-フィコエリスリンなどの色素をもち、葉緑体は2枚の膜に包まれ、中に一重のラメラ(薄い層)をもつ。海の深い所に生育するものはフィコエリスリンを多量に含むために、体は赤色となる。紅藻植物の生殖細胞には鞭毛(べんもう)がないために、有性生殖は自己遊泳性のない精子と卵によって行われる。紅藻植物では、卵細胞を造果器とよび、受精卵から生じる胞子を果胞子とよぶ。紅藻植物の受精後の果胞子形成過程には、(1)受精卵自体が直接分割していくつかの果胞子となる、(2)受精卵は分裂して多数の細胞からなる造胞糸を形成し、造胞糸が果胞子を形成する、という二つの様式があり、この様式によって紅藻植物は次の二つに大別される。
 (1)の様式がウシケノリ類(原始紅藻類)であり、(2)の様式が真正紅藻類(ウミゾウメン類)である。
 ウシケノリ類は、体制と生殖方法によって、チノリモ目、ベニミドロ目、ウシケノリ目、オオイシソウ目に分けられ、真正紅藻類は助細胞の有無と、助細胞の位置によって、ウミゾウメン目、テングサ目、カクレイト目、スギノリ目、ダルス目、イギス目に分けられる。助細胞とは、真正紅藻類の果胞子体発生の際に特殊な機能をもつ細胞構造をいう。カクレイト目、ダルス目、イギス目では、受精後、受精卵より連絡糸が生じて受精卵の近くにある助細胞に複相の核を移入し、助細胞から造胞糸が形成される。紅藻植物の配偶体の核相は単相であるが、受精してから果胞子を生ずるまでの時期は雌の配偶体上に寄生的に生じた複相(2n)体であり、これを果胞子体とよぶ。この果胞子体から果胞子が発芽すると複相の胞子体が生ずる。
 紅藻植物の生活史は多様である。ウシケノリ類の代表的なものはアサクサノリ型で、果胞子は放出されたあと、貝殻中に穿孔(せんこう)して生活する。真正紅藻類の果胞子は発芽して四分(しぶん)胞子体となる。ウミゾウメンの四分胞子体は配偶体に比べて小さく、顕微鏡的な大きさであるが、テングサやイトグサの四分胞子体は配偶体と同形同大である。
 紅藻植物には産業上有用なものが多い。アサクサノリは水産物のトップクラスを占め、テングサ、オゴノリなどからは寒天を製し、食用とするほかに、医用細菌の培養や電気泳動の基質とする。[吉崎 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅藻植物の関連キーワード褐藻クロロフィルフィコエリトリン葉緑体クロロシスクロロフィリンクロロフィラーゼクロロフィリドクロロプラストクロロフイル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone