コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソメコンブ

栄養・生化学辞典の解説

ホソメコンブ

 [Laminaria ochotensis],[L. religiosa].リシリコンブともいう.褐藻綱コンブ目コンブ属の海藻で食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

海藻海草標本図鑑の解説

ホソメコンブ

からだは単条で細長い膜質線状。葉部は全縁で縁辺部は平坦かわずかに波打つ程度だが,幼葉ではシワが多く入る。 葉部中央に入る中帯部は両脇に凹凸を持ち,幅は全幅の1/3以上となるが,ときに不明瞭な事もある。 茎状部は3〜12cm程度までで円柱状となり,下端から繊維状の根枝を輪生する。根枝は不規則に分岐し全体で円錐状に広がる。 生長部分は葉部の基部にある。 寿命は1年生。手触りは柔らかい膜質で滑らか。生体は明褐色から黒褐色

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のホソメコンブの言及

【コンブ(昆布)】より

…褐藻類コンブ科の一群の海藻。日本沿岸では約18種見いだされているが,食用とするのはマコンブLaminaria japonica Areschoug(イラスト),リシリコンブL.ochotensis Miyabe,ミツイシコンブL.angustata Kjellm.(イラスト),ナガコンブL.longissima Miyabe,ホソメコンブL.religiosa Miyabe,ネコアシコンブArthrothamnus bifidus (Gmelin) Rupr.(イラスト),ガツガラコンブL.coriacea Miyabe(別名アツバコンブ),カキジマコンブL.longipedalis Okam.(別名クキナガコンブ),トロロコンブKjellmaniella gyrata (Kjellm.) Miyabe(イラスト),チヂミコンブL.cichorioides Miyabeなどがあり,なかでも前5種がよく利用される。宮城県以北,とくに北海道の外洋に面した干潮線より深い岩礁上に着生する。…

※「ホソメコンブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ホソメコンブの関連キーワードコンブ(昆布)細海布

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android