コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮根 かこん rhizoid

翻訳|rhizoid

5件 の用語解説(仮根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮根
かこん
rhizoid

真の根ではないが,根のように植物体を地上に固着し,あるいは水分の吸収を行う細長い細胞。維管束植物でない植物でのこうした構造をいい,コケ類の葉状体,シダ類の前葉体にみられる。また藻類や菌類の同様の細胞にもいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐こん【仮根】

シダ類の前葉体やコケ類・藻類にみられる根に似た器官。水分を吸収し、体を固着する役をするが、維管束植物のような通道組織はない。→シダ植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かこん【仮根 rhizoid】

維管束植物の胞子体には地下器官として,植物体の支持や水の吸収を行うが独立の器官として分化している。それ以外の植物群や世代には,ふつう付着・吸収を営む根に似た構造があり,それらを総称して仮根という。菌類では菌糸のうち根のような形状をとるものをいい,固着のためのものが多い。地衣類は植物体の裏面の皮層に菌糸でできた仮根(仮根菌糸という)をつくる。藻類の仮根には単細胞のものから多細胞で分枝するもの(フウセンモなど)までいろいろあり,大型の褐藻類の仮根のようにholdfastと呼ばれる偽組織をつくるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かこん【仮根】

蘚苔類や藻類などに生える根状の組織。種子植物の根と外形が似ていて、ほかの物への付着と養分の吸収の役目をする。単細胞または一列の細胞より成るものが多く、維管束を欠く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮根
かこん

藻類、コケ植物シダ植物の前葉体など根をもたない植物や菌類の表面に生じる単細胞または多細胞の糸状の根状部をさすが、構造的には維管束植物の根の根毛に類似し、吸収、固着の機能をもつものをいう。藻類ではフウセンモのように単細胞の一部が複雑に突出した形、車軸藻(しゃじくも)類のように多細胞で分枝した形のものがある。褐藻類では仮根が集まって維管束植物の根のような吸着器官をつくるが、これは偽組織で、維管束などの組織分化はみられない。ゼニゴケ類の配偶体の裏面には単細胞の仮根ができ、スギゴケ類では茎状部の基部に1細胞列の仮根ができる。シダ植物の前葉体の基部の下面には単細胞または2、3の細胞からなる仮根がある。地衣類の仮根は下面の皮層から出た固着の働きをする菌糸をさすが、髄層や皮層の菌糸と区別してとくに仮根菌糸とよばれる。菌類ではクモノスカビにみられるような固着の働きをする菌糸を仮根とよぶ。[西野栄正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仮根の言及

【コケ植物(苔植物)】より

…やがて原糸体に芽が生じ,それが大きく発達して配偶体ができ上がる。配偶体はゼニゴケのように葉状,またはスギゴケのように茎と葉が分化し,糸状の仮根rhizoidをもつ。造卵器はフラスコ形で長いくびをもち,造精器は棍棒状または球状。…

【苔類】より

…配偶体は一般に匍匐(ほふく)し,葉状または茎と葉が分化している。仮根rhizoidは単細胞。葉は茎の両側面と腹面の3列につくが,腹面の葉(腹葉という)は退化しているものが多い。…

【コケ植物(苔植物)】より

…やがて原糸体に芽が生じ,それが大きく発達して配偶体ができ上がる。配偶体はゼニゴケのように葉状,またはスギゴケのように茎と葉が分化し,糸状の仮根rhizoidをもつ。造卵器はフラスコ形で長いくびをもち,造精器は棍棒状または球状。…

【苔類】より

…配偶体は一般に匍匐(ほふく)し,葉状または茎と葉が分化している。仮根rhizoidは単細胞。葉は茎の両側面と腹面の3列につくが,腹面の葉(腹葉という)は退化しているものが多い。…

【地衣類】より

…共生藻はゴニジアgonidiaとも呼ばれ,緑藻類やラン藻類に属し,トレブクシア属TrebouxiaネンジュモNostocスミレモTrentepohliaが多い。 地衣体の外部形態はさまざまであるが,地衣体が未分化で基物に密着する固着地衣類(例,チズゴケ),地衣体が葉状で背腹性があり,裏面に仮根(偽根)や臍状体(さいじようたい)をもつ葉状地衣類(例,ウメノキゴケイワタケ),地衣体の基部で基物に付着し,立ち上がったり垂れ下がったりする樹枝状地衣類(例,サルオガセハナゴケ)の三つに大別できる。地衣体の内部構造は典型的な葉状地衣類では,保護組織の皮層と同化組織の藻類層(ゴニジア層)や髄層medullaに分化する。…

※「仮根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮根の関連キーワード栄養器官胞子維管束植物下等植物羊歯植物中心柱前維管束植物シダ植物(羊歯植物)胞子囊無種子維管束植物

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone