コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットケーブ hot cave

世界大百科事典内のホットケーブの言及

【ホットラボ】より

… この施設を利用して,例えば核燃料の照射後試験や放射性標識化合物の合成などの各種の試験,検査,実験が行われる。放射性物質の取扱いは,ホットラボの中に設置されたホットセルhot cellまたはホットケーブhot cave(ホットセルの連合したものを特にさす場合がある)と呼ばれる鉄,鉛,コンクリートなどで遮へいされ,鉛ガラス製の透視窓からマニピュレーターで遠隔操作が行えるように設備された室または箱状の空間の中で行われる。 このような施設は,放射性物質の環境への放出を防止するための排気設備と排水設備および放射線モニターを備えていなければならない。…

※「ホットケーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android