コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホラゴケ Vandenboschia radicans (Sw.) Copel.

1件 の用語解説(ホラゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホラゴケ【Vandenboschia radicans (Sw.) Copel.】

光の乏しい林内の岩上などに生育する常緑性の小シダ。コケシノブ科に属する。ホラゴケは洞苔の意で,湿った岩洞に生ずることから名づけられた。根茎は長くはい,黒褐色の毛を密生する。分枝しながら伸び,もつれ合って広がるので,全体としてマット状になる。葉身は広卵状披針形,2~3回羽状に分裂する。包膜はコップ状で,胞子囊床が長く伸びる。葉面は細胞層1層でできているが,薄暗い林床などでは,光の加減で暗緑色にみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホラゴケの関連キーワード五月呼吸根浮華雌の万年草岩檜葉好熱菌カワノリ好冷細菌水産植物立木(りゅうぼく)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone