コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンダ FCX

1件 の用語解説(ホンダ FCXの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ホンダ FCX

「FCX」は、蓄電システムとして高効率で高出力のHonda独自開発ウルトラキャパシタを採用し、パワフルレスポンスの良い走りを実現。また、パワートレインの構成要素を最適に配置することで、コンパクトなボディサイズで大人4人がしっかりと乗れる室内空間と、全方位に対応する衝突安全性能を確保している。 2002年12月2日、首相官邸において、内閣府にリース販売した燃料電池車Honda「FCX」日本仕様車を、また米国西海岸時間同日に、ロスアンゼルス市庁において、世界初の米国政府による燃料電池車販売認定を取得しているHonda「FCX」米国仕様車を納車した。保管場所ホンダコレクションホール (〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山 120-1 ツインリンクもてぎ内)
製作(製造)年2002
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類量産車
現状保存・非公開
車名ホンダ・ZC1
モデル名FCX
会社名本田技研工業株式会社
製作開始年2002
車種・用途乗用車
実車所在/模型ホンダコレクションホール
スタイル-
ドア数3ドア
乗員4名
車両重量1680Kg
構造ストレートフレーム構造
バンパーあり
全長4165㎜
全幅1760㎜
全高1645㎜
後軸ダブルウィッシュボーン
軸距2530㎜
前トレッドx後トレッドF1500㎜ R1530㎜
ステアリング丸ハンドル
最高出力/回転数60[82]
最大トルク/回転数272[27.7]
燃料タンク容量68+88[156.6]
電動機種類(モーター形式) 交流同期電動機(永久磁石型)
動力用電池形式(燃料電池スタック) PEFC(固定)高分子膜型
動力用電池容量(ウルトラキャパシタ静電容量(F)) 8
機関最高出力/回転数78
駆動方式FF

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンダ FCXの関連キーワードサブシステムシステム監査システム工学分散処理システムシステム家具TVフォトシステムメリットシステム食料システムオープン・システムCADシステム

ホンダ FCXの関連情報