首相官邸(読み)シュショウカンテイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首相官邸
しゅしょうかんてい

内閣総理大臣の執務のための建物。東京都千代田区永田町にあり,国会議事堂の南西に位置する。敷地は旧鍋島侯爵邸跡地の一部があてられ,面積約 4万6000m2。建物は地上 5階,地下 1階建ての鉄筋コンクリート造,延べ床面積約 2万5000m2。2002年4月供用開始。1階に首相や内閣官房長官記者会見を行なう記者会見室,4階に閣僚の集合場所となる閣僚応接室,閣議を行なう閣議室,首脳会談などに使われる特別応接室,5階に首相執務室,首相応接室,官房長官室などがあることから,首相官邸はしばしば内閣官房をさすことばとして用いられる。1929年に建てられた旧首相官邸は,老朽化が進んだため 1987年に中曽根康弘内閣により建て替えが閣議決定された。旧官邸は 50m南に移築され,改修工事を経て,2005年から首相の私生活に供する首相公邸として使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首相官邸の関連情報