コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボイン渓谷(読み)ボインケイコク

デジタル大辞泉の解説

ボイン‐けいこく【ボイン渓谷】

Boyne》アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートルにあるボイン川流域の渓谷。紀元前3000年頃に築かれた石室墓と40基を越える古墳からなる大古墳群で知られる。なかでもニューグレンジの石室墓はハート形をしており、直径90メートル、高さ11メートルの巨大なもの。1993年に「ボイン渓谷の遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。→ブルーナボーニャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android