コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボグドハーン宮殿 ボグドハーンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ボグドハーン‐きゅうでん【ボグドハーン宮殿】

Bogd Khaany OrdonБогд Хааны Ордон》モンゴルの首都ウランバートル市街南部にある木組みの宮殿。1919年に建造。モンゴル人民革命以前は第8代活仏ボグド=ハーンの冬の宮殿として使われた。現在はゆかりの品々や仏像、曼荼羅(まんだら)などを展示する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android