ボグドハーン宮殿(読み)ボグドハーンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ボグドハーン‐きゅうでん【ボグドハーン宮殿】

Bogd Khaany OrdonБогд Хааны Ордон》モンゴルの首都ウランバートル市街南部にある木組みの宮殿。1919年に建造。モンゴル人民革命以前は第8代活仏ボグド=ハーンの冬の宮殿として使われた。現在はゆかりの品々や仏像、曼荼羅(まんだら)などを展示する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android