コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボズジャ島 ボズジャトウ

デジタル大辞泉の解説

ボズジャ‐とう〔‐タウ〕【ボズジャ島】

Bozcaada》トルコ北西部の島。ギリシャ語名テネドス島。ダーダネルス海峡の入口付近に浮かぶ。第一次大戦後のセーブル条約によりギリシャ王国に割譲されたが、ギリシャ‐トルコ戦争後の1923年よりトルコ領になった。ベネチア人が要塞として築いたものをオスマン帝国時代に拡張した城が残る。海岸保養地であり、ワインの生産も盛ん。ボズジャアダ島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ボズジャ島の関連キーワードチャナッカレテネドス島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android