コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーイズ・タウン Boys Town

世界大百科事典 第2版の解説

ボーイズ・タウン【Boys Town】

アメリカ合衆国ネブラスカ州東部の村。E.J.フラナガン神父によって1917年オマハにつくられた孤児収容施設が,西郊18kmに移され,1936年行政的に独立し面積約700haの村となった。少年たちによる自治が行われ,経済的には寄付によって支えられている。1000人の収容能力があり,学校教育施設が完備し,職業教育も行われる。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のボーイズ・タウンの言及

【フラナガン】より

…第2次世界大戦直後の荒廃只中の日本を訪れ,その得意とする青少年補導の独特の手法をもって,戦災孤児・浮浪児対策に貢献した。アイルランドに生まれ,渡米してカトリック司祭となり,ネブラスカ州オマハに伝道中,浮浪児の非行対策として1917年,少年たちの自治精神による共同体生活を中心とする〈少年の町Boys Town〉を創設した。日本においても,この独自の施設運営をもって,非行少年対策に新機軸を導入しようと努め,社会事業界の注目するところとなった。…

【オマハ】より

…巨大な家畜収容所,精肉加工工場,バター製造工場などがある。フラナガン神父が孤児のために設けた少年たちの自治村〈ボーイズ・タウン〉が西郊にある。また,南郊のオファット空軍基地には,戦略空軍(SAC)司令部が置かれている。…

※「ボーイズ・タウン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボーイズ・タウンの関連キーワード君の瞳に恋してるフラナガン神父

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーイズ・タウンの関連情報