コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアティエの戦 ポアティエのたたかい

1件 の用語解説(ポアティエの戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポアティエの戦【ポアティエのたたかい】

百年戦争初期の1356年,西フランスポアティエPoitier付近で英国のエドワード黒太子がフランス国王ジャン2世を破って捕虜にした戦い。英国の弓・歩兵隊がフランスの騎士軍にまさることを示し,その結果,1360年のブレティニーの和が結ばれ,ポアティエは英領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のポアティエの戦の言及

【ジャン[2世]】より

…フィリップ6世の子。彼の治世は百年戦争の渦中にあって,政治的・社会的混乱はいちじるしく,ポアティエの戦(1356)では,エドワード黒太子のひきいるイギリス軍に敗れ,王自身も捕虜となり,ボルドーからロンドンに連行された。その間,皇太子シャルル(のちのシャルル5世)が摂政となり,フランスが直面する内外の危機の打開につとめた。…

【ポアティエ】より

…ガロ・ロマン時代から開けた地。732年カール・マルテルはこの近傍でイスラム教徒を阻止し,また百年戦争初期のポアティエの戦(1356)ではフランス軍がこの地で敗れた。1431年には大学が創設されている。…

※「ポアティエの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポアティエの戦の関連キーワード七年戦争宗教戦争西フランク王国百年戦争リシュリューシャルルドルレアンバスチーユフランスソワールマンデスフランス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone