コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアティエの戦 ポアティエのたたかい

1件 の用語解説(ポアティエの戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポアティエの戦【ポアティエのたたかい】

百年戦争初期の1356年,西フランスポアティエPoitier付近で英国のエドワード黒太子がフランス国王ジャン2世を破って捕虜にした戦い。英国の弓・歩兵隊がフランスの騎士軍にまさることを示し,その結果,1360年のブレティニーの和が結ばれ,ポアティエは英領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のポアティエの戦の言及

【ジャン[2世]】より

…フィリップ6世の子。彼の治世は百年戦争の渦中にあって,政治的・社会的混乱はいちじるしく,ポアティエの戦(1356)では,エドワード黒太子のひきいるイギリス軍に敗れ,王自身も捕虜となり,ボルドーからロンドンに連行された。その間,皇太子シャルル(のちのシャルル5世)が摂政となり,フランスが直面する内外の危機の打開につとめた。…

【ポアティエ】より

…ガロ・ロマン時代から開けた地。732年カール・マルテルはこの近傍でイスラム教徒を阻止し,また百年戦争初期のポアティエの戦(1356)ではフランス軍がこの地で敗れた。1431年には大学が創設されている。…

※「ポアティエの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポアティエの戦の関連キーワード尊円入道親王ブルク公園延文正平延文金印勅書浄弁選帝侯菟玖波集文和

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone