コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結果 カクナワ

デジタル大辞泉の解説

かく‐なわ【結果】

《「かくのあわ」の音変化。「かく」は香菓、「あわ」は泡緒(あわお)(ひもの名)の意という》
昔の菓子の名。小麦粉を練って細長いひもが曲がりくねったような形に作り、油で揚げた唐(から)風のもの。かくのあわ。
1がねじれているところから》心があれこれと乱れること。
「ゆく水の絶ゆる時なく―に思ひ乱れて」〈古今・雑体〉
刀やなぎなたを上下左右に振り回すこと。大勢の敵を相手にして勇ましく戦うさまをいう。
「蜘蛛手(くもで)、―、十文字、蜻蛉(とんぼ)返へり、水車、八方すかさず斬(き)ったりけり」〈平家・四〉

かく‐の‐あわ【結果/香菓の泡】

かくなわ(結果)1

けっ‐か〔‐クワ〕【結果】

[名](スル)
ある原因や行為から生じた、結末や状態。また、そのような状態が生じること。「よい結果をもたらす」「不幸な結果を招く」「意外な結果が出る」⇔原因
「―した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない」〈梶井・檸檬〉
優れた成果。優れた業績や記録。「結果を出してこそ一流選手といえる」
副詞的に用いて、ある事態の生じるもととなる結末状態を表す。「猛勉強をした結果、合格した」
植物が実を結ぶこと。結実。「例年より結果する時期が遅い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かくなわ【結果】

〔「かくのあわ(香菓の泡)」の転〕
かくのあわ 」に同じ。
の形から〕 結ばれたりもつれたりしている状態。思い乱れるさま。 「 -に思ひみだれて/古今 雑体
刀で切り結ぶさま。 「その後太刀を抜いて戦ふに…蜘蛛手・-・十文字/平家 4

けっか【結果】

( 名 ) スル
[0] ある行為・原因などから最終の状態を導き出すこと。また、その状態。連体修飾語を受けて副詞的にも用いる。 ↔ 原因 「投票の-、否決された」 「試験の-を発表する」 「往々にして激烈な腹膜炎を-する危険が/或る女 武郎」 〔「結果を出す」 「結果が出ない」などの場合、いい結果、すなわち成果の意を表す〕
[1] 実がなること。結実。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結果
けっか

原因と結果」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

結果の関連キーワードグレーブコンシークエンス蒔かぬ種は生えぬコンクルージョン思いも掛けない因果の胤を宿す結果(植物)至誠天に通ず結果オーライ核磁気共鳴像豆を植えて稗連体修飾語調べがつくアウトカム肺尖カタル特性要因図悪因悪果相手次第危険指数天気記号仇は情け

結果の関連情報