結果(読み)けっか

デジタル大辞泉の解説

かく‐なわ【結果】

《「かくのあわ」の音変化。「かく」は香菓、「あわ」は泡緒(あわお)(ひもの名)の意という》
昔の菓子の名。小麦粉を練って細長いひもが曲がりくねったような形に作り、油で揚げた唐(から)風のもの。かくのあわ。
1がねじれているところから》心があれこれと乱れること。
「ゆく水の絶ゆる時なく―に思ひ乱れて」〈古今・雑体〉
刀やなぎなたを上下左右に振り回すこと。大勢の敵を相手にして勇ましく戦うさまをいう。
「蜘蛛手(くもで)、―、十文字、蜻蛉(とんぼ)返へり、水車、八方すかさず斬(き)ったりけり」〈平家・四〉

かく‐の‐あわ【結果/香菓の泡】

かくなわ(結果)1

けっ‐か〔‐クワ〕【結果】

[名](スル)
ある原因や行為から生じた、結末や状態。また、そのような状態が生じること。「よい結果をもたらす」「不幸な結果を招く」「意外な結果が出る」⇔原因
「―した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない」〈梶井・檸檬〉
優れた成果。優れた業績や記録。「結果を出してこそ一流選手といえる」
副詞的に用いて、ある事態の生じるもととなる結末状態を表す。「猛勉強をした結果、合格した」
植物が実を結ぶこと。結実。「例年より結果する時期が遅い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくなわ【結果】

〔「かくのあわ(香菓の泡)」の転〕
かくのあわ」に同じ。
の形から〕 結ばれたりもつれたりしている状態。思い乱れるさま。 「 -に思ひみだれて/古今 雑体
刀で切り結ぶさま。 「その後太刀を抜いて戦ふに…蜘蛛手・-・十文字/平家 4

けっか【結果】

( 名 ) スル
[0] ある行為・原因などから最終の状態を導き出すこと。また、その状態。連体修飾語を受けて副詞的にも用いる。 ⇔ 原因 「投票の-、否決された」 「試験の-を発表する」 「往々にして激烈な腹膜炎を-する危険が/或る女 武郎」 〔「結果を出す」 「結果が出ない」などの場合、いい結果、すなわち成果の意を表す〕
[1] 実がなること。結実。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かくなわ【結果】

〘名〙 (「かくのあわ(結果)」の変化した語)
※江家次第(1111頃)一〇「其菓子加久(カク)縄一杯」
② (「かくのあわ」が曲がりくねって結ばれているように) 心が思い乱れるさまにいう。
※古今(905‐914)雑体・一〇〇一「ゆく水の たゆる時なく かくなわに おもひみだれて〈よみ人しらず〉」
③ (「かくのあわ」が縦横に交差しているように) 太刀などを縦横に振り回すさまにいう。
※平家(13C前)四「その後太刀を抜いて戦ふに蜘蛛手・かくなは・十文字」

かく‐の‐あわ【結果】

〘名〙 古代の菓子の名。小麦粉を練って緒を結んだ形に作り、油で揚げたものか。かくなわ。〔十巻本和名抄(934頃)〕

けっ‐か ‥クヮ【結果】

〘名〙
① (━する) 植物が実を結ぶこと。また、その結んだ実。結実。
② (━する) ある行為が終わりになること。終えること。ある状態や段階に帰着すること。また、その終わりになった状態。ある原因や行為などから達した結末の状態。
※自由之理(1872)〈中村正直訳〉四「人民の情と合和して、かかる結菓となりしなり」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一五「試験は既に結果(ケックヮ)せり」 〔琵琶記‐両賢相
③ (連体修飾語をうけて) 原因を述べる部分につけて、その原因によって、ある事態が生じることを表わす。
※国民性十論(1907)〈芳賀矢一〉八「日本の気候家屋の割合にリウマチスの少いのは、全く日本人が銭湯を好む結果だらうと」
④ (前文をうけて副詞的に用いる) 結局。つまり。
※男の遠吠え(1974‐75)〈藤本義一〉女にはなぜ作曲家がいない?「女のものの考え方について非作曲家的なところを考えてみた。結果、女の考え方というのは、1+1は2であるということだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結果の関連情報