コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポスティング ぽすてぃんぐposting system

知恵蔵の解説

ポスティング

フリーエージェント権を持たない日本のプロ野球選手が、アメリカのメジャーリーグへ移籍を希望し、所属球団がそれを認めた場合、メジャーリーグ球団が日本の所属球団から移籍の交渉権を入札で獲得する制度。
移籍を希望する選手の所属球団は、日本のコミッショナーに移籍が可能である旨を連絡し、日本側からメジャーリーグ・コミッショナーを介してメジャーリーグ全球団に告知される。獲得を希望するメジャーリーグ球団は交渉権を得るための入札金額をメジャーリーグ・コミッショナーに通知する。所属球団がその最高入札額を受諾した場合、入札球団に選手との30日間の独占交渉権が与えられ、契約交渉が始まる。交渉が成立すれば、入札金額が所属球団に支払われる。選手は移籍チームを選ぶことは出来ない。日本の球団が見返りなしに選手を失うことを防ぐため、1998年に導入された。
2011年シーズンまでに、A.ケサダ、イチロー、石井一久、R.ラミーレス、大塚晶則中村紀洋、森慎二、松坂大輔、岩村明憲、井川慶、西岡剛の11人がポスティングによってメジャーリーグへ移籍している。一方、10年にポスティングされた岩隈久志(楽天)や、11年の中島裕之(西武)のように、日本の所属球団が入札を受諾したものの、契約に至らなかったケースも出ている。
近年は、有力選手が他球団へ移籍することを防ぐために、契約する意思が薄いにもかかわらず高額で入札のみを行うメジャーリーグ球団が出現することが危惧され始めている。また、選手にとっては、契約交渉できる球団が1つのみとなるため、不利な条件に陥りやすいとの指摘もある。
12年には、青木宣親がミルウォーキー・ブルワーズへ、また、ダルビッシュ有が過去最高の入札額約5170万ドル(約39億8千万円)でテキサス・レンジャーズへ移籍することとなった。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポスティング(posting)

投函すること。広告物を家々の郵便受けに配って歩くこと。びら配り。
インターネットの掲示板などに投稿すること。また、そのメッセージ。
簿記で、帳簿に転記すること。また、入札すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

ポスティング

(1)データベースレコードに,特定のデータ要素を付与,記入,配置すること.データベースの索引作成に関して,特定のレコードに特定の索引語を付与することを意味する.(2)索引作成において,索引語を付与した回数,すなわち索引語の出現頻度のこと.データベース中での特定の索引語の出現頻度や,特定のレコードに付与された索引語の個数をポスティングという.(3)データベースを対象とする情報検索において,1回の検索で検索されたレコードの件数.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

ポスティングの関連キーワード新ポスティングシステム日米協定(プロ野球の)クロス・ポスティングポスティングシステムセオ エプスタインmultipostサンシャイン池崎ポスティング制度フリーペーパーインターネットバイオトイレ名簿ビジネス山下菜々子電子チラシポストイン郵便受け上原浩治配布の日前田健太田中将大

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポスティングの関連情報