コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帳簿 チョウボ

5件 の用語解説(帳簿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぼ〔チヤウ‐〕【帳簿】

金銭・物品の出納など、事務上の必要事項を記入するための帳面。「帳簿をつける」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぼ【帳簿 books】

企業(経済主体)の経済活動(取引)を主として貨幣金額によって継続的,秩序的に記録する手段(紙葉,カードテープなど)をいう。帳簿は継続企業(ゴーイング・コンサーン)を前提とするかぎり継続性を要件とするから,備忘または伝達のために記録された紙片は帳簿となりえないが,それらが伝票として継続的に使用され,しかも秩序正しく整理されていれば,帳簿となりうる。企業と取引相手方との関係で作成され,手交される証憑(しようひよう)書類(注文書,送状,納品書,領収書など)およびその複写は,本来帳簿記録の基礎となるものであり,法的証拠力が最も高いものであるが,これらの証憑書類も,記帳手続の合理化という観点から秩序整然と継続的にファイルしていけば,帳簿に流用することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帳簿
ちょうぼ
books

経済主体の経済活動を貨幣数値または物量数値によって、継続的に記録、計算、表示する手段をいう。企業会計で用いられる複式簿記では、帳簿には、仕訳帳、元帳といった主要簿と、現金出納帳当座預金出納帳、商品有高帳、売上帳などの補助簿がある。複式簿記から誘導されて最終的に貸借対照表損益計算書が作成されるが、そのプロセスにおいて必要不可欠な帳簿が主要簿であり、それがなくても貸借対照表と損益計算書を作成することができる帳簿が補助簿である。主要簿と補助簿という名称ではあるが、両者の差は企業会計において果たしている機能の違いであって、両者ともに重要な役割を担っていることには変わりない。
 主要簿である仕訳帳と元帳では貨幣数値による記録が行われる。仕訳帳には、取引が発生した順に、どの勘定科目に記入するのか、その記入は借方か貸方か、その金額はいくらかが記録される。したがって、仕訳帳を見れば、取引の歴史的な記録がわかると同時に、どの勘定科目にいくら記録されているかがわかる。元帳には、資産、負債、資本、収益、費用について形態別あるいは原因別にそれらの増減を記録する勘定が設けられ、仕訳帳から転記という形で記録が行われる。元帳には日付、仕訳の相手勘定、金額が増加と減少に分けて記録されるので、たとえば現金勘定を見れば現金の残高、借入金勘定を見れば借入金の残高がわかる。
 補助簿には特定の資産などの増減の明細を記録する商品有高帳などの補助元帳と、特定の取引の明細を記録する現金出納帳、当座預金出納帳、売上帳などの補助記入帳があるが、財産変動の明細あるいは財産が変動した原因の明細が記録され個々の財産の管理に役だつ点では違いはない。たとえば、現金出納帳には現金の収入・支出が生じた日付、原因の明細が記録されており、それにより現金という財産の管理に役だつ。また、売上帳には売上げが行われた日付、相手先、条件等の明細が記録される。
 帳簿は、かつては紙片帳簿が一般的であったが、今日のコンピュータ会計のもとではフロッピーディスクやハードディスクが帳簿として利用されている。[万代勝信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帳簿の言及

【古文書】より

…これは古くより広く行われた分類法であるが,それを発展させたものとして(3)公文書,準公文書,武家文書,荘園関係文書,私文書という分類法もある。また(4)時代によって古代の文書,中世の文書,近世の文書と分けることも行われるが,(5)古文書の時代的変遷とその様式の変化に重点を置いて,政治的文書を公式(くしき)様文書公家様文書武家様文書と分け,それ以外の非政治的な文書を上申文書,証文類,帳簿類と分けることがある。しかし公家様,武家様というのは発給者別の分類で,厳密には様式分類とはいいがたい。…

※「帳簿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帳簿の関連情報