コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポメリーのシャンパン醸造所 ポメリーのシャンパンじょうぞうじょ

1件 の用語解説(ポメリーのシャンパン醸造所の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポメリーのシャンパンじょうぞうじょ【ポメリーのシャンパン醸造所】

ランス北部のシャンパーニュ地方の中心都市ランス(Reims)にある、世界的に有名なシャンパン(発砲ワイン)の銘柄ポメリー(Pommery)の醸造所(シャンパンメゾン)。1836年にナルシノ・グレノによって設立された醸造所で、史上初の辛口シャンパン(ブリュット)を開発した醸造所である。カーヴ(貯蔵室)は、他の醸造所と同様、かつてローマ人がランスの町を造りあげる際に石を切り出した石切場の跡地(クレイエール)を再利用したもので、116段の階段を下った地下30mにある。ガイドツアーが用意されていて、同社のシャンパンの試飲もできる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone