ポール・トーマス アンダーソン(英語表記)Paul Thomas Anderson

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督,脚本家

国籍
米国

生年月日
1970年1月1日

出生地
カリフォルニア州サンフェルナンドバレー

学歴
ニューヨーク大学中退

受賞
ボストン映画批評家協会賞〔1997年〕「ブギーナイツ」,ベルリン国際映画祭金熊賞(第50回)〔2000年〕「マグノリア」,カンヌ国際映画祭監督賞(第55回)〔2002年〕「パンチドランク・ラブ」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞,第58回)〔2008年〕「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」,ベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)・国際映画批評家連盟賞(第69回)〔2012年〕「ザ・マスター」,ロサンゼルス映画批評家協会賞監督賞(第38回)〔2012年〕「ザ・マスター」

経歴
ニューヨークとロサンゼルスでテレビ映画やビデオ、ゲームショーの製作アシスタントや、インディペンデント映画製作に携わる。1993年の短編映画「シガレット&コーヒー」がサンダンス映画祭で注目を集める。’96年「ハード・エイト」で長編映画監督デビュー。’97年「ブギーナイツ」(脚本,製作も)がアカデミー賞脚本賞にノミネートされ一躍脚光を浴びる。’99年「マグノリア」を発表、2000年2月同作品でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。2002年アスペルガー気味の中年男の疾走する恋を描いた「パンチドランク・ラブ」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。2007年の石油王とインチキ予言者の葛藤を堂々たるスケールで描いた「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」ではアカデミー賞作品賞・監督賞など8部門にノミネートされ、ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)などを受賞。2012年には「ザ・マスター」でベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞。世界三大映画祭すべてで監督賞に輝く。他の作品に「Blossoms and Blood」(2003年)、「インヒアレント・ヴァイス」(2014年)など。1998年、2000年来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポール・トーマス アンダーソンの関連情報