マイクロマウス(英語表記)micro mouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロマウス
micro mouse

移動機能と通路認識機能,最短経路決定アルゴリズムを持つ小型自立ロボット。このロボットは,迷路を探索し,目的地に最短時間で到達するコンテストに用いられるロボットである。マイクロマウス大会は,1977年アメリカで提唱され,以後日本でも盛んに行なわれ,一般アマチュアにマイクロコンピュータ応用技術とロボット技術を普及させる役割を果たした。迷路は1区画が 18cm× 18cmで,16× 16区画が作られ,中心付近にゴールがある。各競技ロボットは1回目の試行で迷路の地図をメモリ内に構成し,2回目で最短経路を目指す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android