試行(読み)しこう

精選版 日本国語大辞典「試行」の解説

し‐こう ‥カウ【試行】

〘名〙
① ためしに行なうこと。こころみること。
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉序に代えて「分析と綜合の数限りない試行」
② 同一の条件のもとで繰り返し行なうことのできる実験や観測。賽(さい)をふる実験のように、その結果が偶然に支配されて変化するものをさすことが多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「試行」の解説

試行

「n個からr個を取り出す」というような、同じ条件下で繰り返し行うことのできる実験観測などのこと。それによって起こる結果事象という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「試行」の解説

し‐こう〔‐カウ〕【試行】

[名](スル)
ためしにやってみること。試みにすること。「新教授法を試行する」「試行期間」
さいころを振る実験のように、同一の条件のもとで繰り返しのきく実験や観測を試みること。多く、結果が偶然的なものをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「試行」の解説

しこう【試行 trial】

数学用語。くじを引くことや銅貨を投げて表裏を見ることなど,偶然現象を人為的に引き起こしたり,実験したりすることを試行という。これを繰り返して行うことが多く,実行した回数を試行回数と呼ぶ。重要なのは独立試行で,同じ条件のもとで毎回前とは独立に繰り返して行うものである。とくに毎回2種類の実現の可能性しかなく(それらを成功および失敗と呼ぶことが多い),それらの起こる確率pq(pq=1とする)がどの回も同じである独立試行をベルヌーイ試行という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の試行の言及

【確率】より

…多数の事象A1,A2,……があるとき,それらからいくつかかってに選んだAi,Aj,……,Akについて,つねに, P(AiAj∩……∩Ak)  =P(Ai)P(Aj)……P(Ak)が成り立つとき,もとの事象の系は独立であるという。
[試行]
 さいを投げる場合のように,結果が偶然的なもので排反事象の列A1,A2,……で表されるとし,それらのうちのどれか一つが必ず起こる,すなわちP(A1)+P(A2)+……=1であるときこれを試行という。さいを投げる場合なら等しい確率の6個の排反事象が,銅貨なら二つの排反事象が対応する。…

※「試行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android