マキシモヴィッチ(読み)Maksimovich,Karl I.

朝日日本歴史人物事典の解説

マキシモヴィッチ

没年:露暦1891.2.4(1891.2.16)
生年:露暦1827.11.11(1827.11.23)
幕末に来日したロシア人植物学者。モスクワ近郊のツーラに生まれ,ドルバット大学で植物学者A.ブンゲに学ぶ。その助手となり同大学付属植物園に勤務。1852年ロシア帝室植物園に転じ,69年同植物園首席学芸員。53年に南米,ハワイの植物を調査する。万延1(1860)年箱館に来航して同地方の植物を研究し,さらに横浜,長崎でも調査。当時は外国人の行動が開港地周辺と限られていたため,助手の須川長之助に各地の植物を採集させた。元治1(1864)年帰国し,日本で採集した資料を順次発表。『日本植物誌』の刊行も志したが,果たせぬまま没した。<著作>『黒竜江地方植物誌』『東西新植物綜覧』<参考文献>宮部金吾『カール・ヨハン・マキシモウィッチの伝』

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マキシモヴィッチ

生年月日:1827年11月23日
ロシアの植物学者
1891年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android