マキシモヴィッチ(読み)Maksimovich,Karl I.

朝日日本歴史人物事典の解説

マキシモヴィッチ

没年:露暦1891.2.4(1891.2.16)
生年:露暦1827.11.11(1827.11.23)
幕末に来日したロシア人植物学者。モスクワ近郊のツーラに生まれ,ドルバット大学で植物学者A.ブンゲに学ぶ。その助手となり同大学付属植物園に勤務。1852年ロシア帝室植物園に転じ,69年同植物園首席学芸員。53年に南米,ハワイの植物を調査する。万延1(1860)年箱館に来航して同地方の植物を研究し,さらに横浜,長崎でも調査。当時は外国人の行動が開港地周辺と限られていたため,助手の須川長之助に各地の植物を採集させた。元治1(1864)年帰国し,日本で採集した資料を順次発表。『日本植物誌』の刊行も志したが,果たせぬまま没した。<著作>『黒竜江地方植物誌』『東西新植物綜覧』<参考文献>宮部金吾『カール・ヨハン・マキシモウィッチの伝』

(遠藤正治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マキシモヴィッチ

生年月日:1827年11月23日
ロシアの植物学者
1891年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android