コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロウイルス まくろういるす

4件 の用語解説(マクロウイルスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マクロウイルス

WordやExcelに備えられている「マクロ」と呼ばれる簡易的なプログラミング言語で記述されたウイルスWordやExcelなどで作成されたオフィス文書に組み込まれ、ユーザーが文書を開くとマクロで書かれたウイルスコード自動実行されるという仕組みになっている。マクロウイルスが実行されると、他の文書へ感染を広げたり、文書を一見わからないように改ざんしたりする。そのウイルスに使われているマクロ言語サポートしたアプリケーションがあれば、OSやCPUを問わずに活動できるという特徴がある。代表的なマクロウイルスに「Merissa(メリッサ)」や「laroux(ラルー)」がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

マクロウイルス

「マクロ言語」で開発されたウイルスのこと。1990年代中頃以降に広まった。マクロ言語とは、ビジネスソフトなどが持つ自動実行機能で、手順をプログラムのように記述し、処理対象のデータファイル中に保存される。マクロウイルスはマイクロソフトのWordやExcelのこうしたマクロ機能を悪用したもの。他のデータファイルにウイルスとして動作するマクロを追加しつつ、データ改変などの破壊行為を行う。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マクロ‐ウイルス(macro virus)

ワープロソフトや表計算ソフトなどで使われるマクロファイルを介して感染するタイプコンピューターウイルスマクロ感染型ウイルス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

マクロウイルス【macro virus】

マクロ言語で開発されたコンピューターウイルス。マクロ機能を持つアプリケーションソフトで作成されたファイルに組み込まれ、ファイルを開くと感染するもの。◇「マクロ感染型ウイルス」ともいう。⇒コンピューターウイルス

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマクロウイルスの言及

【情報セキュリティ】より

…パソコン用OSのブートセクタやパソコン用OS上の実行ファイルに寄生し,伝染,繁殖を繰り返すタイプのものが多い。最近では,ワープロソフトや表計算ソフトのもつマクロ機能をターゲットとしたマクロウイルスと呼ばれるウイルスも急激に増えている。新しいウイルスが次から次へと現れるのは,ウイルスの構造自体は複雑ではないことと,一つのタイプから亜流を発生させることが容易だという点があげられる。…

※「マクロウイルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクロウイルスの関連キーワードWord完備具備先備え保険を掛けるアトマイザー意匠原簿締り備え天灯バシネット

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクロウイルスの関連情報