コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスコミ・文化労働組合共闘会議 マスコミ・ぶんかろうどうくみあいきょうとうかいぎ

1件 の用語解説(マスコミ・文化労働組合共闘会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスコミ・文化労働組合共闘会議
マスコミ・ぶんかろうどうくみあいきょうとうかいぎ

略称,マスコミ・文化共闘。マスコミ文化関連および情報産業労働組合の連絡共闘組織。 1963年 11月日本新聞労働組合連合 (新聞労連) ,日本出版労働組合連合会 (出版労連) ,日本放送労働組合 (日放労) ,日本民間放送労働組合連合会 (民放労連) ,全国印刷出版産業労働組合総連合会 (全印総連) ,映画演劇労働組合総連合 (映演総連) などがマスコミ関連労働組合共闘会議 (マスコミ共闘) として結成,80年マスコミ・文化労働組合共闘会議に改称,86年に電算機関連労働組合協議会 (電算労) を加えて日本マスコミ文化情報労組会議 (MICユニオンズ) に改組した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone