コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスデバリア Masdevallia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスデバリア
Masdevallia

ラン科マスデバリア属の総称。おもに標高 1500~3000mの雲霧林地帯に生育する着生ランで,アンデス山系を中心とした熱帯アメリカに約 350種が分布する。近年,日本でも高冷地で生産された鉢植えが,秋から春にかけて出荷される。葉はへら状で,細い葉柄がつく。花は側萼片が大きく発達し,先端はしばしば尾状に伸びる特徴的な花形をなす。花弁と唇弁は小さくて目立たない。冷涼,多湿な環境に適し,夏は 25℃以下に,冬は 10℃以上に保ち,半日陰で管理する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マスデバリアの関連キーワードラン(蘭)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android