花形(読み)カケイ

  • かけい〔クワ〕
  • はながた

デジタル大辞泉の解説

花冠(かかん)の形。
華道で、各流派に独特の花の形。
花の形。また、花の模様。
《「花形役者」の略》人気があって、一座の代表的な俳優。転じて、ある分野で人気があり、注目を集めている人や事柄。「業界の花形」「花形選手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 花の形。花の姿。また、それをかたどったもの。いろいろな花の模様。花紋。
※富岡本栄花(1028‐92頃)玉のうてな「らでんのはながたをすゑて」
② あばたをいう。いも。痘痕。
※岩瀬本大鏡(12C前)三「色黒くて、額にはながた打ちつきて、髪ちぢけたるにぞおはしける」
③ 婚礼などの際、祝儀の銚子の首に装飾として飾る蝶の形に折った紙。
※俳諧・桜川(1674)春二「花かたや此手つつみもふたおもて〈玖也〉」
④ 印刷面の周囲を囲む飾り枠に使用する装飾活字。活字合金または黄銅で作り、組み合わせて連続模様にする。〔新時代用語辞典(1930)〕
⑤ (「はながたやくしゃ(花形役者)」の略) 人気のある代表的な役者。転じて一般に、年若で人気のある者。中心となるはなやかな者。時流にのり、もてはやされるもの。
※俳諧・毛吹草(1638)六「咲見つつ花形(はなガタ)が名は皷草〈宗房〉」
※しろうと農村見学(1954)〈桑原武夫〉「三高時代の陸上部の花形」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android