花形(読み)カケイ

  • かけい〔クワ〕
  • はながた

デジタル大辞泉の解説

花冠(かかん)の形。
華道で、各流派に独特の花の形。
花の形。また、花の模様。
《「花形役者」の略》人気があって、一座の代表的な俳優。転じて、ある分野で人気があり、注目を集めている人や事柄。「業界の花形」「花形選手」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

花冠かかんの形。
華道で、作品の形式。かぎょう。はながた。
花の形。特に、桜の花をかたどったもの。 -に切る
はなやかで、人にもてはやされる人や物事。 一座の- 現代の-産業 -選手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 花の形。花の姿。また、それをかたどったもの。いろいろな花の模様。花紋
※富岡本栄花(1028‐92頃)玉のうてな「らでんのはながたをすゑて」
② あばたをいう。いも。痘痕。
※岩瀬本大鏡(12C前)三「色黒くて、額にはながた打ちつきて、髪ちぢけたるにぞおはしける」
③ 婚礼などの際、祝儀の銚子の首に装飾として飾る蝶の形に折った紙。
※俳諧・桜川(1674)春二「花かたや此手つつみもふたおもて〈玖也〉」
④ 印刷面の周囲を囲む飾り枠に使用する装飾活字。活字合金または黄銅で作り、組み合わせて連続模様にする。〔新時代用語辞典(1930)〕
⑤ (「はながたやくしゃ(花形役者)」の略) 人気のある代表的な役者。転じて一般に、年若で人気のある者。中心となるはなやかな者。時流にのり、もてはやされるもの。
※俳諧・毛吹草(1638)六「咲見つつ花形(はなガタ)が名は皷草〈宗房〉」
※しろうと農村見学(1954)〈桑原武夫〉「三高時代の陸上部の花形」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花形の関連情報