コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花弁 かべんpetal

翻訳|petal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花弁
かべん
petal

「はなびら」とも読む。花冠を構成している花葉萼片に比較し,一般に葉緑素を欠き,逆に美しい色素を有していることが多い。何枚かが離れて存在するもの (離弁花) と,癒着するもの (合弁花) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐べん〔クワ‐〕【花弁/花×瓣】

花びら

はな‐びら【花弁/花片/×瓣】

花の、萼(がく)の内側にあって雄しべ雌しべを保護する小片。ふつうより大きくて薄く、葉緑素を含まず、さまざまな色彩をもつものが多い。かべん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花弁【かべん】

花を構成する一器官で,萼(がく)の内側に生ずる。葉の変形したもの。一般に色彩に富み,クロロフィルを含まないことが多い。→花被

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かべん【花弁】

花を構成する花葉の一。雌しべ・雄しべを保護し、虫媒花では美しい色彩をもち、昆虫を呼ぶ役目をする。はなびら。

はなびら【花弁】

花冠を組み立てている一枚一枚の薄片。かべん。
「はなびら餅」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花弁
かべん

花びらともいう。花冠を構成している花葉(かよう)のことで、萼片(がくへん)に比べると普通は大きくて薄い。種々の色素を含んで色づくが、普通はクロロフィルを含まない。解剖的には簡単で、脈は二叉(にさ)分岐をし、明らかな中脈はもたないものが多い。蜜腺(みつせん)をもつものもある。
 花弁の由来には二つの場合がある。第一は花被片(かひへん)が萼片(がくへん)と花弁に分化した場合で、萼片との間に移行型を示すものが多い。モクレン科などにみられる。第二は外部の雄しべが花粉形成をやめて弁化したもので、雄しべとの間に移行型を示すものが多い。キンポウゲ科などにみられる。園芸植物の八重咲きや半八重咲きでは雄しべが弁化している。まれにモクレン目に分類されるエウポマチアEupomatiaのように、内部の雄しべが弁化するものもある。雄しべが花粉形成をやめても花弁状にならず、小形の球形、棍棒(こんぼう)状、鞭(むち)状、鱗片(りんぺん)状などの構造に変形したものを仮雄蕊(かゆうずい)という。仮雄蕊は蜜分泌の器官となるものが多い。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の花弁の言及

【花冠】より

…花弁が集まってつくる花のうち最も目につく部分。花葉(花を形づくる花軸以外のすべての器官)のうち裸葉性のもの(おしべと心皮を除く部分)を花被というが,花被が2層に分かれ,外花被と内花被が形態的に顕著な差を示すとき,前者を萼片,後者を花弁という。…

※「花弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花弁の関連キーワードハクサンフウロ(白山風露)ノミノフスマ(蚤の衾)オオレイジンソウキンバイソウオンシジウムクロホシクサタマアジサイアオハコベデゲネリア離弁・離瓣はなびら餅四片・四葩サトザクラ尾状花序群八つ花形信濃金梅ロゼット向日葵色八葉の蓮オウレン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花弁の関連情報