コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マセラル maceral

岩石学辞典の解説

マセラル

石炭の微構成体.この語は鉱物と類似したもので,他の岩石の中の鉱物のように,石炭の中に産する物質に用いる.独立したマセラルは一般に最後に-initeを付けて,無煙炭(hard coal)ではヴィトリナイト(vitrinite), エクジナイト(exinite), イナーチナイト(inertinite), 褐炭(brown coal)ではフミナイト(huminite), リプティナイト(liptinite), イナーチナイトなどのグループを作る[Stopes : 1935, CNRS : 1963].微岩石学的単位(micropetrological unit)と同じ.ラテン語のmacerareは浸して柔らかくする,分解するなどの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内のマセラルの言及

【石炭】より

…組織成分の分け方は,大別してヨーロッパ法とアメリカ法があり,日本の分類はヨーロッパ法に類似している。ヨーロッパ法では,ビトリットvitrite(ビトレインvitrain),クラリットclarite(クラレインclarain),デュリットdurite(デュレインdurain),フジットfusite(フゼインfusain)に区分し,さらに研究が進むにつれて,石炭を組成する基本的な均一な単位成分として〈マセラルmaceral(微細組織成分)〉が識別されるようになった。これは,岩石を組成する鉱物にあたるものといえる。…

※「マセラル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マセラルの関連キーワードサブハイドラス・マセラルイナートデトリナイトヴィトロデトリナイトユーヴィトリナイトヴィトロクラライトクラロヴィトライトリプトデトリナイトプロヴィトリナイトイナートデトライトオルソハイドラスフゾヴィトライトテクスティナイトクリプトマセラルクラロデュライトコロクラライトセミフジナイトクラロコライトクラロフジットパーハイドラスフゾクラライト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android