コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタレ Matale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタレ
Matale

スリランカ中部,マタレ県の県都。カンディー北方約 20km,マタレ河谷に位置。茶,ゴム,カカオ,ココナッツ,米,野菜の取引中心地で,畜産業も盛ん。付近で石灰石を産する。近くのアルビハラ岩窟寺院は,1世紀に南伝大蔵経が初めて転写されたところとして知られる。人口3万 1000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マタレの関連キーワードウィリアム ゴパラワジャガー横田梅宮アンナ香坂みゆき住谷杏奈高村凛

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android