石灰石(読み)せっかいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰石
せっかいせき

主成分が炭酸カルシウムから成る方解石などの集合体の岩石。石灰岩と同義であるが,石灰岩を地下資源 (特にセメント原料) としてみたときの通称。日本での石灰石の鉱床は北海道から南九州まで広く分布し,主としてペルム紀のもので,一部石炭紀のものも採掘されている。また諸外国に比べて純度が高い。セメントおよび鉄鋼業などがおもな需要先である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せっかいせき【石灰石】

セメント原料・肥料原料などとして採掘される石灰岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石灰石の言及

【石灰岩】より

…また石灰岩は化石を多く含むことから地質時代の決定に有効で,形成環境が限定されていることから,古地理の復元に重要な役割を果たしている。 石灰岩はセメント,石灰,製鉄工業に利用価値が高く,鉱石は石灰石と呼ばれる。一般にCaCO3が80%以上のものが資源として利用される。…

※「石灰石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石灰石の関連情報