コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツダキャロル360

日本の自動車技術240選の解説

マツダキャロル360

60年代初めの軽乗用車として新しい試みを多数取り入れた。(1)クリフカットスタイル(リアウインドー部分を切り取った形)(2)軽としての4ドア(3)サスペンションスプリングは前後ともトーションラバー以上の日本初に加えて、アルミ合金エンジンやアルフィンブレーキなどの先進技術を採用した。保管場所マツダ株式会社 (〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3ー1)
製作(製造)年1962
製作者(社)東洋工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名キャロル360
モデル名(型式KPDA)
会社名マツダ(株)
製作開始年1962
車種・用途軽乗用
実車所在/模型マツダ(株)
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量525kg
エピソード・話題性斬新なクリフカットスタイル
構造ユニットボデー
全長2980mm
全幅1295mm
全高1340mm
タイヤサイズ゙5.20-10-4PLT
フレーム(フレームレス)
前軸トーションラバーサス
後軸トーションラバーサス
軸距1930mm
前トレッドx後トレッド1050×1100mm
ステアリングラック&ピニオン
ダンパー前後ショックアブソーバ
特徴フレームレスの単体構造
冷却/気筒配列水冷/直4
弁機構OHV
内径x行程46×54
排気量358cc
最高出力/回転数18ps/6800rpm
燃料タンク容量20L
特徴軽乗用で初めての総アルミ製エンジン
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4MT
駆動方式RR
モード燃費-
参考文献1)東洋工業五十年史
その他事項前照灯:シールドビーム;足ブレーキ:油圧式前後輪内部拡張式;最高速度:90Km/h;燃費率:26km/l;

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android