コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナオ・トゥパパウ

1件 の用語解説(マナオ・トゥパパウの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

マナオ・トゥパパウ

フランスの画家ポールゴーギャンの絵画(1892)。原題《Manao Tupapau》。「死霊が見ている」、「死霊が見守る」とも呼ばれるタヒチ時代の代表作の一つ。愛人関係にあった13歳の現地の少女テアマナ(通称テフラ)を描いたもの。ニューヨーク近代美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マナオ・トゥパパウの関連キーワードムーラン・ド・ラ・ギャレットゴーギャン黄色のキリスト光輪のある自画像死霊が見ている死霊が見守る説教のあとの幻影タヒチの女たちぶらんこの絶好のチャンスヤコブと天使の戦い

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone