コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチブート マルチブート

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチブート

ハードディスクに複数のOSを組み込んでおき、必要に応じてこれらを切り替えて起動できるようにすること。あるいはそのような状態。OSの切り替え時には、ハードディスクのブートセクターを書き換える必要があるので、通常は何らかの管理ソフトウェアを利用しなければならない。OSによっては、こうした用途を想定して、マルチブート機能を提供するものもある。たとえば、Windowsでは使用中のシステムにさらにWindowsをインストールすることで、異なるバージョンのWindowsでマルチブートが可能になる。Mac OS Xでは、Mac OS X v10.5からBoot Campというツールが提供されており、対応機種ではMac OS XとWindowsでマルチブートが可能になる。なお、2つのOSを切り換えて使用する場合は、デュアルブートと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

マルチブート【multiboot】

1台のコンピューターに複数のオペレーティングシステムインストールし、コンピューターの起動時にどれを使用するか選択できるようにすること。また、その状態。◇「マルチブートシステム」ともいう。インストールされているオペレーティングシステムが2種類の場合を特に「デュアルブート」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

マルチブートの関連キーワードmultiboot systemプライマリDOSパーティションVMware

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android