コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーシャル宇宙飛行センター マーシャルうちゅうひこうセンターMarshall Space Flight Center

1件 の用語解説(マーシャル宇宙飛行センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーシャル宇宙飛行センター
マーシャルうちゅうひこうセンター
Marshall Space Flight Center

アメリカ航空宇宙局に属する研究機関の一つ。 1960年アラバマ州ハンツビルに開設された。 7km2の敷地内に本部ビルや地上燃焼実験台など 270ほどの建物があるサターンロケットの第1段 SICの製作や,その燃焼実験などが行われ,超大型ロケット・エンジンの技術が開発された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のマーシャル宇宙飛行センターの言及

【NASA】より

…NASAが発足してからは,58年メリーランド州にスペースセンターが発足,これは翌59年アメリカのロケットの先駆者R.ゴダードの名を冠してゴダード宇宙飛行センターと呼ばれるようになり,無人衛星計画と宇宙船追跡などの業務を主として実施することになった。60年にアラバマ州の陸軍ミサイルセンターがNASAに移管されてマーシャル宇宙飛行センターとなり,このセンターはW.vonブラウンに率いられ,有人飛行技術の開発を担当,長い間NASA最大のセンターであった。フロリダ州のケープ・カナベラルのロケット発射場も初めはこれに所属していたが,62年に独立したセンターとなり,翌年暗殺されたケネディ大統領の名をとってケネディ宇宙センターと呼ばれるようになった。…

※「マーシャル宇宙飛行センター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone