製作(読み)セイサク

デジタル大辞泉「製作」の解説

せい‐さく【製作】

[名](スル)
道具や械などを使って品物を作ること。「家具を製作する」
映画・演劇・テレビ番組などを作ること。プロデュース。制作。「記録映画を製作する」
詩文・美術作品などを作ること。制作。
「物象観が明瞭に筆端に迸しって居らねば、を―したとは云わぬ」〈漱石草枕
[類語]制作作製作成製造

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「製作」の解説

【製作】せいさく

つくる。〔顔氏家訓文章の辭なるは、或いは云ふ、古殯の歌なりと。~陸原(機)、多く死人自らずるのと爲す。詩格に此の無し。製作の本に乖(そむ)けり。

字通「製」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android